はじめに

Gaikan 一之宮貫前神社』(いちのみや ぬきさきじんじゃ)は群馬県富岡市一ノ宮に鎮座する、1400年の歴史を持つお社です。
  御祭神は「経津主神」(ふつぬしのかみ)と「姫大神」(ひめおおかみ)で、現在の社殿は3代将軍徳川家光公の命によって建てられました。
(江戸時代初期の漆塗りで極彩色の社殿は国の重要文化財に指定されています)
  また、年間祭儀が71回あり御戸開祭(みとびらきさい)や鹿占神事(しかうらしんじ)など古くからの祭儀が数多く残るのが特徴です。

<p><p><p><p>■ 一之宮 貫前神社 : 公式ホームページ ■</p></p></p></p>

■ 御祭神 ■
経津主神
(ふつぬしのかみ) 経津主神は『日本書紀』などの国譲りの場面で神名がみえる、葦原中国(あしはらのなかつくに:日本の異称)平定に功績があったとされています。

比売大神
(ひめおおかみ) 比売大神は正確な神名も祀られた由緒も伝わっていませんが、一説には綾女庄(当地の古い呼称)の養蚕機織の神と云われています。

■ 御由緒 ■
 社伝には鷺宮(さぎのみや:現在の安中市)に物部姓磯部氏が、氏神である経津主神を祀り、その鷺宮の南方、蓬ヶ丘綾女谷(よもぎがおか・あやめがたに:当地の古い呼称)に社を定めたのが安閑天皇の元年(531年)と云われ、これが創建にあたります。 
また、天武天皇の時代に初の奉幣(ほうべい)がありました。
奉幣とは天皇の命により神社に幣帛を奉ることで、当時遠く奈良の都にまで貫前神社の存在が知られていたと云えます。
醍醐天皇の時代に編纂の始まった『延喜式』のなかの『神名帳』にも記載され、上野国一之宮として朝野をとわず崇敬をあつめてきました。
旧社格は国幣中社。

■当ホームページに記載されている総ての内容(テキスト・画像・レイアウト)を私的利用の範囲を超え、内容の一部ないし全部を貫前神社に無断で本などの紙媒体CD-ROMやホームページ等のデジタル媒体に複製し頒布、閲覧する等の行為を禁じます。 | 2009NukisakiJinjya |■お問い合わせ先:一之宮貫前神社社務所 /370-2452 群馬県富岡市一ノ宮1535 電話=0274(62)2009 / 電子メール=kan-shamusho@nukisaki.or.jp
Powered by Six Apart